納得のいくお別れをしたい!ペットの葬儀サービスを上手に利用するコツ 納得のいくお別れをしたい!ペットの葬儀サービスを上手に利用するコツ

ペット火葬の基本サービスと上手な選び方

納得のいくペット火葬を行なう~失敗するリスクを減らす選び方~

ペット火葬にもいろいろなスタイルがあって、それぞれにメリットとデメリットがあります。民間サービスと自治体にはどんな違いがあるのか、手厚くお見送りするにはどんなスタイルがいいかなど、選び方のコツをまとめていきます。

まずは民間か自治体か

ペット火葬を選ぶ際に最初に決めなければいけないことってありますか?
ペット火葬には、民間主体のサービスと自治体主体のサービスがあります。自治体主体のペット火葬の場合は、清掃局や環境衛生局が窓口となり他の子たちと一緒にご供養されます。ペット専用の焼却炉を用意して対応してくれる自治体もありますが、お住まいの地域によって変わってきます。便宜上とは言え愛するペットを有料ゴミ扱いされることに抵抗を感じる飼い主さんもいるので、詳細をよく調べたうえでどちらを使うか決めましょう。

手厚く葬ってあげたいなら

民間のペット火葬業者ならしっかりと見送ってあげられる(ペット火葬業者スタッフ)

民間のペット火葬サービスは、飼い主さんの要望に合わせたきめ細やかなフォロー体制が魅力です。家族の一員として一緒に生活してきたペットと納得できるスタイルでお別れすれば、気持ちの整理がつくため、ペットロス防止に役立ちます。お墓などしっかりした設備でご供養できるため、定期的にお墓参りに行き、我が子との想い出を偲ぶことも出来るでしょう。一定の費用はかかりますが、残された飼い主さんの気持ちの区切りになると考えれば、納得できるコストです。

ペット火葬を行なう上で知っておきたいこと

まずはペット火葬について知る
ペット火葬と一口に言っても業者によって提供しているサービスが異なるため、火葬プランオプションなど基本的なプランについて調べましょう。複数の業者のホームページを見比べながら、魅力的に感じるサービス、お見送りスタイルを考えていきます。お別れのセレモニーを行うか、想い出はどんな形で残すかなど、考える内容はたくさんあります。身近にペット火葬を行った飼い主さんがいるようなら、体験談を聞いてみるのもいいでしょう。イメージが膨らんできたところで、気になる業者をいくつかピックアップして問い合わせに進みましょう。
やっぱり担当者との相性も大事
提供するサービス内容が同じでも、担当者との相性でペット火葬の善し悪しが変わってきます。問い合わせ時点の印象が火葬当日の印象と直結する可能性が高いため「自分の気持ちを分かってくれる」と何となく印象がいいスタッフさんに依頼しましょう。話し方や口調などちょっとしたところで人の印象は変わるもので、実際に問い合わせして調べるより他ありません。何社かに連絡して話す中で、どの業者におまかせすれば安心か見極めましょう。悲しいときにたくさん問い合わせをするのは大変ですが、悔いが残らないペット火葬を行うために欠かせません。
TOPボタン